スマホサイトを表示

インプラントQ&A

  • HOME
  • インプラントQ&A

インプラントとは

「インプラント治療」とは、従来歯を失った部分に対して行っていた「入れ歯」や「ブリッジ」の代わりに、天然歯の根の部分の働きを持つ「人工歯根」を入れて、噛む力を回復させる新しい補綴治療のことです。
従来の入れ歯やブリッジでは噛む力が弱い、他の歯に負担をかけるといったデメリットがありましたが、自分の歯と同じように噛むことができ、自宅でのケアも普段の歯みがきと同じようにすることができます。
見た目の美しさも群を抜いており、人前での食事やおしゃべりをもっと楽しむことができるようになります。

お口の中の機能回復と、見た目の美しさを両立した、質の高い治療。それがインプラント治療です。

インプラント治療のメリット

  • 自分の歯と同じように噛むことができます。
  • ブリッジや入れ歯と違い、健康な歯に負担をかけることがありません。
  • 見た目が自然で、口元を気にする必要がありません。

歯が抜けた部分を放置すると

  • 抜けた部分に向かって、隣り合った歯が倒れてきます。

  • また、向かい合う部分の歯が出っ張ってきてしまいます。

  • 歯みがきをしづらい、両隣の歯の虫歯リスクが高まります。

このような場合に、インプラントがおすすめです

  • ブリッジのできない奥歯が抜けてしまった
  • ブリッジや入れ歯で、健康な歯に負担をかけたくない
  • 抜けている歯が多く、健康な歯への負担が大きい
  • 入れ歯に抵抗がある
  • 怪我などの外傷で歯を失った

インプラントと従来の治療法の違い

歯が1本なくなってしまった場合

従来の治療(ブリッジ)

歯を失った部分を補うブリッジ部分の支えとなる場所の健康な歯を、大幅に削らなければできない。

インプラント治療

歯を失った部分の両隣になる健康な歯には一切負担をかけずに治療ができる。

歯が2本以上なくなってしまった場合

従来の治療(部分入れ歯)

お口の中で常に異物感がある。毎食後など付け外しやお手入れの手間がかかる。

インプラント治療

自分の歯のような自然な感じで、日々のお手入れも歯みがきと同様で済ませられる。

完全に歯がない場合

従来の治療(総入れ歯)

土台になる歯がない総入れ歯状態は、外れやすいこともあり、噛む力が十分に得られない場合があります。食事や会話がうまくできないなど、日常生活も大きく制限されます。

インプラント治療

しっかりと骨にインプラント体を固定して土台とするため、噛む力を十分に得ることができます。歯を一本ずつ自然な状態で再建することも可能です。

インプラント治療のステップ

【STEP1】カウンセリングと診療

・お口や歯のことで、何に一番困っているか・悩みを持っているかを十分な時間をかけて伺います。
・カウンセリングの結果を受けて、お口の中の検査やレントゲン写真撮影、葉形の採取を行います。この時、病歴や全身の健康状態に関する問診にもお答えいただきます。

【STEP2】診断

・診察の結果から、口内の現在の状況と問題点について、歯科医師からご説明いたします。
・ここで提案させていただく治療方針は、インプラント治療をはじめ、ブリッジ・入れ歯、それぞれを組み合わせたものなど、患者さまの状況によって異なります。
それぞれの治療計画についての期間・費用をはじめ、メリットだけではなくデメリットについても解説し、治療方針をご相談の上で決定していきます。

【STEP3】計画の決定

患者さまに納得いただいた治療計画を今一度整理し、ご提示します。

【STEP4】インプラント治療スタート(初期治療終了後)1次手術

歯肉(歯ぐき)を切開し、骨の中に「インプラント体」というチタンの部品を埋め込むための穴を開けます。

開けた穴に、インプラント体を埋め込み、いったん穴を閉じます。

インプラント体は骨とくっつく特性があるので、しっかりとくっつくように3〜4ヶ月ほど待ちます。
(平均的に上顎で4ヶ月、下顎で3ヶ月が目安ですが、患者さまの骨の状態によって個人差があります)

【STEP5】人工歯を作るための型取りを行います

【STEP6】2次手術 人工の歯を装着、完成

完成した人工歯を、インプラント体に連結します。
インプラント体と顎の骨が一体と呼べるほどしっかりとくっついたら、インプラント体と歯をつなぐ支柱を立てて、連結を行います。

インプラントによる補綴(歯の再建)処置が完成した状態では、歯を失う前とほぼおなじ感覚が戻ってきます。残っている歯も、動いたりすることがなくなるので、状態が良くなります。

◯1回目、2回目それぞれの手術では、翌日に消毒、2〜3週間後に抜歯等、必要に応じて消毒や経過観察のためにご来院いただく場合があります。
◯インプラントを埋め込む部分の骨の量が足りない場合、骨を増やす手術を事前に行う場合があります。増やした骨が安定するまでの準備期間として、約半年の期間が必要となります。
◯患者さまの条件によって、1回目の手術の際に土台・仮歯までかぶせる「1回法インプラントが可能になる場合もあります。

よくあるご質問

Q インプラントに年齢や体調などによる制限はありますか

インプラント手術は成長期が終わってからが対象となります。
健康体であれば年齢に特に上限はありません。
全身基礎疾患(糖尿病・高血圧など)がある場合でも内科医との連携により、より安全にインプラント治療を受けることができます。
当院では内科医との密な連携と高いインプラント技術により、そのような症例を多く持っています。まずはご相談ください。

Q 手術が苦手で、怖いです

インプラント治療は、専用の器具を使用した精密な外科処置となります。
一般的には「親知らずの抜歯」よりも治りが早いと言われております。

Q 治療完了までどれくらいの期間がかかりますか

個人差はありますが、インプラント体を骨に埋める1回目の手術をしてから3〜4ヶ月ほど、組織がきっちりと固まるまでの時間を設けます。
その後、インプラント体と人工の歯をつなぐ部分を埋め込む2回目の手術を経て、数週間ののちに最終的な人工の歯を入れて完成です。

Q 自分の歯と同じように噛むことはできますか

ほぼ同じように噛むことができます。
インプラント体は顎の骨と結びつき、その上に人工の歯を固定します。そのため、自身の歯とほとんど変わらない感覚で食事や会話を楽しむことができます。

Q インプラントはどれくらいで寿命が来るのですか

インプラント体は、人体との親和性に優れ、さらに腐食しにくいチタン素材でできています。しかしながら、治療後のメンテナンスを怠ると、天然の歯と同様に歯槽膿漏などを起こし、抜け落ちることがあります。
治療を受けた後は、日々の歯みがきなどのケアをはじめ、検診を定期的に受けて口内の衛生状態を保つことが長持ちさせるための秘訣です。
熊谷ディアベテスクリニック・歯科では、インプラント治療に保障制度を設けています。

(株式会社 アルタデントより引用承諾を頂き掲載しております)